Ⅰ.ヨガにゴールはありません!

No goal

ヨガの本来の目的は自分自身を知ること。なのでポーズを綺麗にできることが目的ではありません、ただの通過点です。自分自身への束縛を解き放ち自由自在に生きることが目標です。スポーツと違い上手い、下手がないのもポイントです!

Ⅱ.ついていく必要はありません!

Let's go at my own pace

ヨガを始めたての頃は
「先生と同じポーズをとりたい!」
「みんなと同じポーズができないと恥ずかしい!」

そんなこと考える必要はありません。
結果にこだわらず、出来ない自分も楽しむ心構えでいましょう!

Ⅲ.自分を休ませる

Take a rest

日常生活の中でも今以上の自分になろうとして、自分自身を苦しめた経験はありませんか?

ヨガの目的は自分自身を知ること。一生懸命頑張りたいときは頑張って、休みたい時には休む。ここに「OK」を出せるようになれば一気に楽になります。

「人に合わせる」「頑張る」を手放しにして、マットの上の自分を尊重しましょう!
そうすればきっと日常生活も変わってきます!

Ⅳ.思いっきり自分を褒める

Praise yourself 

ポーズができなくても最後には自分を褒めてあげましょう!

「今日もダメだった…」とか
「ついていけなかった…」など

ストレスと感じてしまってはせっかくのヨガの時間も本末転倒になってしまいます。「難しいポーズのできる人がすごい人」ではないのです!忙しい日々の中でヨガの時間を作って実践したことがすごいことです!

Ⅴ.焦らずに気長に続ける

Be patient without being impatient

ヨガをしていてもポーズの上達はすぐにはなかなかなりません。現代社会はスーパー、コンビニ、ネット通販など欲しいものがすぐに手に入る時代です。
ですが、ポーズの上達はそうはいきません。

自分の体は何十年もかけて築き上げられてきたものです。1ヵ月や1年じゃ劇的な変化は訪れません。それくらいの心構えで行きましょう!

「ポーズを取りに行くな、向こうからやってくるのを待て」という言葉もあります。

気長に、焦らず、その日のヨガを楽しみ続けること。そしたらそのポーズがやってくる日が必ず来ます!

ヨガを目一杯楽しむには画像2